【平安神宮】京都駅からの行き方は?便利なアクセス方法は?

京都の人気観光スポットの1つ、平安神宮。

遠くまで見守ってくれているような朱色の鳥居が印象的ですよね。

春の桜秋の紅葉だけでなく、年間を通じて観光客が訪れます。

このサイトでは、

京都駅から平安神宮へ便利なアクセス方法をお教えします。

スポンサーリンク

電車での行き方は?

料金は、260円

所要時間は、30~35分

【アクセス】

①京都駅 地下鉄烏丸線「国際会館行き」

   ↓

②地下鉄烏丸線 烏丸御池駅下車

   ↓

③地下鉄東西線 烏丸御池駅 「六地蔵行き」

   ↓

④地下鉄東西線 東山駅下車

   ↓

⑤平安神宮に到着!

【ここからは補足します】

①京都駅からは、地下鉄烏丸線にまず乗ります。

JR京都駅の中央改札口を出たら、地下に降りる階段、エスカレータがありますので、地下に向かいます。

地下に降りたら、右手の方に進むと、改札口があります。

②③烏丸御池駅で下車したら、地下鉄東西線に乗り換えます。

④東山駅で電車を降りたら、ここからは徒歩です。2番出口を出たら、交差点がありますので、大きな通りを渡ります。

渡ったら、渡ってきた通りと垂直になっている通りを、北へ向かいます。大きな通りを渡って、そのまま直進していく感じです。

左側に「アーク3・5」や「ハイツ東山」、右側に「老松堂」を見ながら、ひたすら直進します。少し右側にカーブしている道を進むと、大きな通りとぶつかります。

ここで右手前方を見ると、川のようなものが。これは、滋賀県からつながっている水の道、疎水です。疎水のそばまで来たら左折し、疎水に沿って進みます。

疎水の向こう側に見えるのが「みやこめっせ」です。次の信号で右折し、また直進です。

0cb66fad0acbaf3afec7349bf6c8a9e8_s

1つ目の信号で左折すると、平安神宮は目の前です。約1.1km、約14分の距離です。

 

バスでの行き方は?

料金は、230円

所要時間は、約40〜50分

 

JR京都駅の中央改札口を出たところにあるバスターミナルより乗車します。

・市バス5系統(A1乗り場)か100系統(D1乗り場)

「岡崎公園、美術館、平安神宮前」で下車し、北へ向かいます。

バス停から平安神宮の大鳥居が見えますので、それを頼りに進んでください。徒歩約5分の距離です。

※5系統の方が、ルートの都合上、時間がかかります。

タクシーでの行き方は?

料金は、1,300~1,800円

所要時間は、20~25分

タクシー乗り場は、中央改札前にありますので、迷うことはないでしょう。

タクシーの場合、スムーズに行けば、時間は短縮できますが、交通事情に大きく左右されるので、到着時間の予測はつきにくくなります。

荷物がある時やグループで移動する場合は、一人あたりのコストも安くつくので、利用されてもいいでしょう。

 

まとめ

京都駅から平安神宮へ行くには、電車、バス、タクシーでアクセスすることができます。

一番オススメは電車でのアクセス方法です!乗り換えはありますが、時間の予測がしやすい電車でのアクセスが最も便利です。

バスは本数も多く、歩く距離も短くて済みますが、混雑していると、大幅に到着時間が遅れてしまいます。

もちろん、タクシーが一番快適ではありますが、コストがかかってしまいます。荷物がある場合、大勢で移動する場合は、利用されてもいいですね。

Sponsored Links