さつまいもにカビが生えても食べられる?農家の人が教えてくれた答え

おかずにも、おやつにもなる皆が好きなさつまいも

私の娘は、焼き芋が大好きでおやつの時間になると「おいも、ちょうだ〜い♪」と可愛くおねだりしてきますw

我が家では、たくさん出回る秋に買い込んで、少しずつ焼き芋にして、食べさせています(^ー^)

先日、焼き芋を作ろうと思って袋から出してみると、さつまいもの表面にカビが生えていました。これって食べても大丈夫なのでしょうか?子供のおやつだし、やっぱり良くないよね・・・。

カビって発ガン性があるとか聞いたことあるし、捨てるしかないかな。。。

やっぱりさつまいもにカビが生えるってこと多いんですね!?

今後の娘のためにも、ここはハッキリさせておこう思い、さつまいもにカビが生えても食べられるのかを生産者に問い合わせてみました!

併せて、カビの種類腐る理由保存方法と保存期間についてもご紹介しますので、参考にしてください(^^)

Sponsored Links

さつまいもにカビが生えても食べられる?

基本的には、さつまいもにカビが生えても食べることができるそうです。

ただし、カビの部分をきれいに洗うことと、大きめに切り落とすようにしましょう。さつまいもは身がぎっしり詰まっているので、中までカビが生えることがなかなかないそうです。

食べてはいけない基準さつまいもの中身が黒く変色していたりする場合については、後ほどお伝えします(^ー^)

下記に生産者の方から実際に頂いた内容を記載していますが、どの生産者の回答も同じですね♪
これで、安心しました(^ー^)

大変お忙しい中、こんな私の他愛もない疑問に丁寧に答えてくださった生産業者・農家の皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m

<生産者 K社の回答>

気になる部分をカットして食べる分に大丈夫かと思います。ただ、あまりにも大きな部分を占めている場合は処分した方がよいかもしれません。

<生産者 株式会社Eの回答>

表面についたカビはおそらく白色のカビであると思われますが、そちらのカビであれば表面をきれいに洗い流し、十分に加熱すればお召し上がりいただいても問題ございません。

それ以外の黒色のカビであれば食べることを控えることをオススメします。

<生産者 K農園の回答>

カビと思われる箇所は食さない為に、傷んだ所は切り落して食べるようにしてください。また、暫く置いて傷みましても、切り口が白い所迄切り落としてから、食べないと カビ臭い味がして 美味しくありません。

寒くなり 外気にあたると又傷みやすいので 段ボール箱に入れて居間の暖かい場所に保管して 1ヶ月を目処に消費しされると良いでしょう。

 

食べない方が良い基準は?

  • 酸っぱいにおいがする
  • 異臭がする
  • 黒く変色している部分が多い
  • 異常なベトつきを感じる
  • 生なのに柔らかく状態

 

食べてもいいと言っても、どれぐらいになっていたら食べずに捨てた方がいいのか目安がほしいと思いますので、具体的な状態を5つお伝えします。

上の5つの内、1つでも当てはまった場合は捨てた方が良いです!ここまでになっていたら、さすがに食べるのは躊躇する方がほとんどだと思いますが、、、

 

さつまいもを調理する中で、切った断面が変色している場合があります。これも食べて大丈夫なものなのか併せてお伝えしていきます(^^)

Sponsored Links

黒く変色してるけど食べられる?

この場合も食べて問題ないと生産者の方から教えて頂きました(^ー^)

さつまいもを切った時に断面が黒っぽく変色する理由は、カビなどではなく、ポリフェノールが空気に触れたことで酸化し、変色したものです。

ただ、調理する前に触ってみて、柔らかくなっていたら腐っている可能性があるそうで、その場合は捨てた方がいいみたいです。

カビではありませんので食べられるのですが、味がイマイチだったので、私は切り落とすようにしています。

 

誰しもカビが生えているさつまいもには出くわしたくないと思いますので、次のところで新鮮なさつまいもの選び方をお伝えしますね!!

新鮮なさつまいもの選び方

新鮮なさつまいもの選び方も生産者の方から教えて頂きましたので、ご紹介します(^ー^)

皮の色が濃くてツヤがあるさつまいもや、重いものはそれだけ実が詰まっている証拠だそうです。

形がスッキリしている物の方が、味が良いことが多いみたいなので、これもスーパーで選ぶときにチェックしてみてください!

  • 皮の色が濃くてツヤがあるもの
  • 太くて重いもの
  • 毛穴が深くなく、ヒゲ根が軟らかいもの
  • 表面に凹凸がなく、スッキリとしたもの
  • 黒い斑点がないもの
  • 両端の断面が萎びていないもの
  • 両端の断面から蜜が浮き出しているもの

 

 

Sponsored Links

保存方法と保存期間について

最適なさつまいもの保存方法を知っていれば、今後カビが生えたりすることも少なくなると思いますので、ここでは状態に応じた保存方法をお伝えしたいと思います(^ー^)

さつまいもの保存に適しているのは、13~16度の風通しが良い冷暗所です。基本は、土つきのまま常温保存です。1本全部使わない場合は、使う分だけ切ってから洗って調理します。

 

<さつまいもの保存でしてはいけないこと>

  • 冷蔵庫や屋外での保存
  • ラップに包んでの保存

冷蔵庫に入れると低温障害が起こり、日持ちがしなくなります。逆に20度以上になると、発芽してしまいます。

さつまいもは呼吸しているので、ラップに包んで保管しますと窒息し湿気を嫌い傷みやすくなります。また、段ボール・発泡スチロール等で保管する場合も、さつまいもが呼吸出来るように密閉しないよう穴をあける等の対応が必要です。

 

土つきのさつまいも

目安の保存期間 ⇒ 1ヶ月~数ヶ月

そのまま1本ずつ新聞紙でくるんで、風通しが良い冷暗所で保存します。たくさんあるなら、新聞紙で包んださつまいもを、段ボール箱に入れて保存します。
※段ボールに入れる場合は、呼吸ができるように密閉しないでください。

冬場は、一度凍ってしまうと日持ちがしなくなるので、段ボール箱に入れたさつまいもの間にも丸めた新聞紙をつめてあげます。もみがら、おが屑の中に入れたり、毛布で包んだりかぶせる方法でもいいですね。

ラップやビニール袋に入れると呼吸ができなくなるので、NGです。

 

切ったさつまいも

目安の保存期間 ⇒ 数日

切り口にだけラップをかぶせ、新聞紙で包みます。切り口から酸化して傷みやすくなりますので、早めに食べてください。

切り口が変色して気になるなら、その部分を切ってから調理します。

 

冷凍保存のさつまいも

目安の保存期間 ⇒ 1ヶ月程度

サツマイモを冷凍する場合、生のままで冷凍すると非常に不味くなってしまいます。焼き芋にしたり蒸したり電子レンジで加熱したものを、フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて、冷凍保存します。

また、角切りにしたりマッシュ状にしてフリーザーバッグに入れて、出来るだけ平らにならして冷凍保存することもできます。使う用途により変えていきましょう。

使用時は、みそ汁などに入れる場合は、解凍せずに入れます。解凍する場合は、自然解凍か電子レンジで加熱すると良いでしょう。

 

保存に関して、参考になる動画もありましたので、併せてどうぞ(^^)

 

まとめ

さつまいも生産者の方からの回答では、さつまいもはカビが生えても食べられるそうです。ただし、カビの部分をきれいに洗うことと、大きめに切り落とすことは大事みたいです。

これで、あなたも安心できましたね(^ー^)

食べては行けない基準は、以下の5つ!

  • 酸っぱいにおいがする
  • 異臭がする
  • 黒く変色している部分が多い
  • 異常なベトつきを感じる
  • 生なのに柔らかく状態

 

さつまいもにカビが生えないように、今回ご紹介した保存方法をしっかりと実践してもらって、美味しいさつまいもを食べてくださいね^^

私の質問に丁寧に答えて下さった生産者・農家の皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

 

Sponsored Links