福岡

【博多駅から太宰府天満宮の行き方】電車・バス・タクシー徹底比較!

福岡県にある「太宰府天満宮」は、菅原道真公を祀る天満宮として非常に有名です。

学問の神様と崇められているので、お守りなどを求める受験生は非常に多いです!

福岡市中心部からも1時間以内と、アクセスしやすいスポットになりますが、遠方から訪れる人も多い太宰府天満宮

こちらのサイトでは、JR博多駅からの太宰府天満宮の行き方をご紹介します。

これを読めば、バス・電車・タクシーと比較していますので、おすすめの行き方が分かりますよ^^

Sponsored Links

JR博多駅から太宰府天満宮の行き方

マップを見て、博多駅から太宰府天満宮までのだいたいの距離を把握してもらってから、アクセス方法について紹介していきます。

博多駅から太宰府天満宮の行き方は、主に3つあります。

  1. バスでのアクセス
  2. 電車でのアクセス
  3. タクシーでのアクセス

GWなどの大型連休でなければ、バスがおすすめです!

電車だと確実ですが、乗り換えがあるので博多に慣れていない方は少し戸惑うかもしれないです。

  料金 所要時間 おすすめ度
バスでのアクセス 600円 約55分
電車でのアクセス 600円 約45分〜50分
タクシーでのアクセス 約5,000円 約40分

Sponsored Links

バスでのアクセス

バス画像

【料金・所要時間】

料金:600円

所要時間:約50分

【アクセス】

①JR博多駅

   ↓ 徒歩約3分

②博多バスターミナル
西鉄バス(西鉄太宰府駅行き)

   ↓ 約42分

③バス停 太宰府駅下車

   ↓ 徒歩約5分

④太宰府天満宮に到着♪

【アクセスを補足します】

①博多駅の1階コンコースにある中央口を出て、右に進むと、博多バスターミナルに到着します。

②博多バスターミナルでは、1階の11番乗り場に向かいます。「太宰府」と大きく表示があるので、それを目印にするといいでしょう。

バスは1時間に2~3本運行しています。

西鉄太宰府駅行き 時刻表

GWなどの大型連休中は、混雑しますので、避けた方がいいかもしれません。

③④バスを下車したら、太宰府駅が目の前にあります。そばの信号まで行き、右に曲がると参道に入ります。

ここからは、直進し道なりに進んでください。

電車でのアクセス

電車

太宰府天満宮の最寄り駅は、西鉄太宰府駅になるので、ここを目指した案内になります。

【料金・所要時間】

料金:600円(地下鉄200円+西鉄400円)

所要時間:約45~50分(乗り換え時間含む)

【アクセス】

①地下鉄空港線博多駅 (姪浜行き)

   ↓ 約6分

②天神駅 下車

   ↓ 徒歩約5分

③西鉄福岡(天神)駅 西鉄大牟田線

   ↓ 約27分

(④西鉄二日市駅 経由)

   ↓

⑤西鉄太宰府駅 下車

   ↓ 徒歩約7分

⑥太宰府天満宮に到着♪

【アクセスを補足します】

①博多駅から地下鉄空港線2番乗り場より「姪浜行き」の電車に乗車します。

②天神駅で下車したら、西鉄福岡駅への表示に従って進んでください。

③④西鉄福岡駅からは、西鉄二日市行きの電車に乗ることもできますが、西鉄二日市駅で下車し太宰府行きに乗り換える必要が出てきます。

1時間に1~2本は太宰府行きの直行便ですから、これに乗ると楽です。

乗り換えても、乗り換えなくても、全体の乗車時間は約27分です。

⑤⑥太宰府駅を出たら、直進し突き当たりで右に曲がります。

ここから参道に入ります。

そのまま直進し、道なりに進みます。敷地の手前左側の「寺田屋」の角を左に曲がって進むと、太宰府天満宮に到着します。

Sponsored Links

太宰府観光列車「旅人-たびと-」

出典:旅人

西鉄福岡駅  9:46発

     ↓

太宰府駅   10:13着

太宰府行きの電車には、1日1便だけの観光列車があります。

その名は「旅人-たびと-」。観光列車といっても、予約不要で追加料金も必要なしなので、時間が合えば乗ってみてはいかがでしょうか。

和テイストの絵柄がラッピングされた電車で、6両編成の車両は、車両ごとにテーマを分けて内装が変えられているという懲りようです。

6つのテーマは、学業成就、安産、健康長寿、家内安全、厄除け、縁結びで、自分の好きな柄を探すのも面白いですね。

車内には、観光案内、お土産品の展示、記念スタンプもあり、お楽しみの多い電車になっています。

せっかく乗るなら、1号車か6号車がおすすめです。180度景色を楽しみながら、向かうことができますよ。

平日、土日祝日とも同じ時間に運行しています。

太宰府観光列車の「旅人-たびと-」という名前の由来は、万葉集の歌人である大伴旅人(おおとものたびと)に由来するともいわれています。

命名したのが、太宰府天満宮の第39代宮司の方ということなので、太宰府天満宮のための電車といえますね。

太宰府観光列車「旅人-たびと-」

タクシーでのアクセス

タクシー画像

【料金・所要時間】

料金:約5,000~6,000円

所要時間:約40分〜50分

距離:約16.4キロ

博多駅から太宰府天満宮までは、距離があるので時間もコストもかかってしまいますね。また交通状況により、到着時間が大きく左右されることがあります。

料金から考えるとあまり現実的ではないかもしれないですが、

荷物が多い場合や、グループで行く場合は、検討してもいいかもしれないですね^^

 

Sponsored Links

まとめ

  料金 所要時間 おすすめ度
バスでのアクセス 600円 約55分
電車でのアクセス 600円 約45分〜50分
タクシーでのアクセス 約5,000円 約40分

博多駅から太宰府天満宮へのアクセスには、電車、バス、タクシーで行く方法があります。

おすすめのアクセスは、バスで行く方法です。

乗り換えもなく、楽に行くことができます。ただ、混雑が予想されるGWなどは電車でのアクセスが確実といえます。

時間通りに到着したいという場合は、電車の方が確実ですね。

その場合は、観光列車の時間に合わせるとまた違った旅になることでしょう^^

太宰府天満宮へ行ったら、ぜひ食べ歩きしてみください。

太宰府天満宮で食べ歩き
【太宰府天満宮】食べ歩きして心も満たされるグルメ10選!お出かけすると、ついつい食べ歩きに走ってしまいます。 食べてみないとどんなのかもわからない、なんて都合の良い理由が出せますしね。 こ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です