めんつゆをそばつゆにするには?違いが分かれば誰でも簡単!

私は麺類が好きで、週に半分以上は食べているかもしれません(^^;)

つゆも自分でだしをとって作れると良いんですが、いつも味が決まらず市販のものに頼ってしまうんですよね〜。でも、スーパーでつゆを見ていると、その種類の多さにどれがいいのかな〜って思ってしまうことないですか?

名前も「めんつゆ」に「そばつゆ」と色々あって、使い分けに迷ってしまいます。。。

で、私が結局買うのは、やっぱりめんつゆ!!

だって、めんつゆは色んな料理に使えるし、そばつゆとか買ったらそばにしか使えないだろうし、よく分からないしって、、、でも、そば食べたい時はどうしよう・・・?

っということで、家にあるめんつゆをそばつゆにする簡単な方法をお伝えしたいと思います。あと、私自身、めんつゆとそばつゆの違いが気になったので、そこもハッキリさせていきたいと思います(^ー^)

Sponsored Links

めんつゆでそばつゆを代用するやり方

家にあるめんつゆを使って、そばつゆにする簡単な方法をお伝えしたいと思います!

【材料】(2人分)

  • めんつゆ(3倍濃縮のもの):100ml
  • 水            :300ml
  • みりん          :50ml
  • 粉末状のだし       :小さじ1/2

 

【作り方】

①水とみりんを中火で沸騰させます。
みりんのアルコール分をしっかりととばすのが、美味しくなるポイントです!

※そばつゆはめんつゆよりも濃いめの味なので、みりんで甘みを足します。

 

   

②①が沸騰したら弱火にして、めんつゆ(100ml)と粉末状のだし(小さじ1/2)を入れます。少し混ぜて、だしを溶かすようにします。

※めんつゆは「○倍濃縮や◯倍希釈」とよく表示されています。何倍のものでも良いので、水と合わせて400cc分を用意します。
※粉末状のだしでしっかりとだしの味を出してあげます。

 

  ↓

③火を止めて冷まして、完成です!
あとは、麺をつけて美味しく召し上がってください(^ー^)

 

実は、めんつゆでそばつゆにするには、ちょっとした手間で簡単にできてしまうんですね!

どうしてそんなに簡単にできるかは、めんつゆとそばつゆの違いがわかると分かりやすいと思うので、次のところでしっかりと違いについてお伝えしていきますね(^^)

 

Sponsored Links

 

めんつゆとそばつゆの違い

めんつゆとそばつゆのそれぞれの特徴を、ご紹介していきます。もちろん、メーカー、地方による差、好みはありますので、ご了承ください!

それでは、さっそく見ていきましょう(^ー^)

 

意味の違い                    

  • めんつゆは、麺類全般に合うように作られている
  • そばつゆは、そばに合うように作られている

読んで字のごとくなんですが、めんつゆどんな麺でも合いやすい味に作られています。そうめん、うどん、ひやむぎなどの麺類などがイメージしやすいと思います。

そばつゆは、やっぱりそばの風味を上手に活かして、美味しく食べれるように、甘さも塩辛さもやや高めになっています。そばの風味を殺さないっていうのが大事なポイントなんです(^_^)

めんつゆには、醤油・みりん・砂糖などといった調味料が含まれているので、煮物といった麺類以外の多くのメニューにも合う万能調味料としてもすごく重宝しますので、困ったらめんつゆを買うという私の選択は間違ってなかったですね(*´∀`)

 

 

味の違い

  • めんつゆは、甘みも塩辛みも抑えめ
  • そばつゆは、味濃い目

そうめん・うどん・ひやむぎなど麺自体の味を楽しむというよりは、喉ごしを重視する麺類になるので、つゆも一緒にすすれるようにめんつゆは「飲めるつゆ」を目指しています。そのため、甘みも塩辛味も抑えて食べる人が負担に感じないようにしてあります!

めんつゆは、だしの味がしっかりしていながらもあっさり目で、ゴクゴク飲んでも美味しいつゆになっているんですね(^^)

そばは、そば自体にしっかりした味がありますので、そばの味に負けないつゆになっています。それだけつゆの味が濃い目なので、そばの端だけを、ちょんちょんとつゆにつけて、食べるという方もいると思います。

 

原材料の違い

めんつゆの原材料

しょうゆ(本醸造)(小麦・大豆を含む)、ぶどう糖果糖液糖、米発酵調味料、砂糖、食塩、かつおぶしエキス、ふし(かつお、そうだかつお)、たん白加水分解物、こんぶエキス、醸造酢、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、アルコール

そばつゆの原材料

しょうゆ(本醸造)(小麦・大豆を含む)、砂糖、米発酵調味料、かつおぶしエキス、醸造酢、かつおぶし、そうだかつおぶし、食塩、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)

※引用:ヤマキ株式会社

大手販売会社のHPのを見ても、めんつゆとそばつゆで含まれているものが違うのが一目瞭然ですね!めんつゆは、やっぱり色々なものに合うように調合されているんでしょうね(^ー^)

 

栄養成分の違い

  めんつゆ(100ml) そばつゆ(100ml)
エネルギー(kcal) 79 45
炭水化物(g) 16,6 8,8
たんぱく質(g) 3,1 2,4
食塩相当量(g) 7,0 3,7
 脂質(g)  0
ナトリウム(mg) 2760 1460 

※引用:ヤマキ株式会社

そばつゆの方が味が濃い目という話はしてきましたが、栄養成分を見てみると、めんつゆの塩分がそばつゆの塩分量の倍ぐらいあるのが以外でした!

 

まとめ

めんつゆをそばつゆにするには、めんつゆにみりん、粉末状のだしを加えます。レシピを参考に、お気に入りのそばつゆを作ってくださいね。

めんつゆとそばつゆの違いを調べてみると色々あって、すごく面白かったです♪

 めんつゆそばつゆ
意味麺類全般に合うつゆそば専用のつゆ
だしの味が強いけれどあっさり濃いめ
甘み控えめ強め
塩辛み控えめ強め
原材料の違いしょうゆ(本醸造)(小麦・大豆を含む)、ぶどう糖果糖液糖、米発酵調味料、砂糖、食塩、かつおぶしエキス、ふし(かつお、そうだかつお)、たん白加水分解物、こんぶエキス、醸造酢、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、アルコールしょうゆ(本醸造)(小麦・大豆を含む)、砂糖、米発酵調味料、かつおぶしエキス、醸造酢、かつおぶし、そうだかつおぶし、食塩、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)

栄養成分の違い炭水化物:16,6g
食塩相当量:7,0g
炭水化物:8,8g
食塩相当量:3,7g

この記事はパートナーで主婦のあきさんが書いてくれた記事です(^ー^)

Sponsored Links