滋賀

【太郎坊宮お火焚大祭2019】日程や見どころを知って勝運をつける!

2018年10月19日

季節ごとに訪れる神社やお寺のお祭りは、荘厳な雰囲気があって背筋が伸びるような感覚になります。

その中で滋賀県東近江市にある太郎坊宮のお祭りは、冬の風物詩ともいえるものです。

子供を出産したのが太郎坊宮の近くということもあり、個人的に思い入れが深いお祭りです。

お産のための体力をつけるために、742段の階段を何度も上りに行っていたのは今となっては懐かしい思い出です。

せっかくお祭りの日に行くのなら、たっぷり楽しみたいですよね。こちらでは、毎年開催される太郎坊宮お火焚大祭2019の詳しい情報をお届けします。

日程や見どころなどもご紹介しますよ。是非、参考にしてみてください。

Sponsored Links

太郎坊宮お火焚大祭の日程

2019年の日程や時間をご紹介します。

開催日時:2019年12月1日(日) 午前10時〜午後4時頃

住所 滋賀県東近江市小脇町2247
電話番号 0748-23-1341
アクセス

近江鉄道太郎坊宮前駅から徒歩20分
名神高速八日市ICから国道421号経由8km15分

駐車場 50台無料

 

Sponsored Links

太郎坊宮お火焚大祭とは

1958年(昭和33年)に始まったお祭りで、毎年12月の第1日曜日に開催されています。

太郎坊宮は阿賀神社ともいいますが、地元では太郎坊さんと親しみを込めてよんでいます。

家内安全、無病息災、交通安全などを祈願しています。神道の護摩としては、日本随一の規模を誇ります。

太郎坊宮は山の上の方にあるので、山のふもとから階段を上っていきます。

階段の途中、社務所の下にお火焚をする場所があります。

〈護摩木とは〉
長さ20センチ、幅2.5センチ、厚さ5ミリくらいの板状のものです。

全国にいる信者が自分の住所、氏名、願い事を書いて太郎坊宮に送ってきたもので、10万本もの護摩木が集まります。

 

見どころ

10万本の護摩木に火をつける

山伏の代表が、護摩壇に火をつけます。

あたりに一気に御神煙とよばれる煙が立ちこめます。

この煙をあびると、身も心もけがれが取れ清らかになるといわれています。また願い事が叶ったり心身を守ってくれる力もあるそうです。

しばらくして煙が晴れてきたら、護摩木に火をつけます。正午過ぎに火をつけてから、午後4時過ぎまで燃え続けます。

火の霊力で罪けがれを払い、家内安全、無病息災、交通安全祈願などもあわせてお願いします。

動画で共有してくださっている方がいますので、見ると概要が分かります。

山伏問答・宝剣の儀

神域と俗世を隔てる結界で、山伏が問答を繰り返します。はりつめた空気の中繰り広げられる問いは、とても重みのある言葉に感じます。

その問いはこのようなものです。

「修験道とは、いかなるものか」
「修験者の心得とは、いかなるものか」

みなさんはどのように思われますか。私には深い問いで一言では表せないですね。

宝剣の儀は、刀を持った山伏が場を清める儀式です。

火渡神事の修行

火の勢いが弱まってくると、50人程の山伏達が、護摩壇から移した火の上を裸足で歩き披露します。

それから参拝者が火渡りをおこないます。

読経の声が響く中、心穏やかに、一心に念じることで熱く感じないといわれています。

Sponsored Links

おみやげ

無料のもの有料のものといろいろあります。

太郎坊宮は勝運がつくことでも有名で、多くのアスリートや芸能人が太郎坊宮のお守りをもって試合に臨んでいます。

大根炊き

氏子総代会の人たちが、無料で開運厄除けの大根炊きをふるまってくれます。甘酒の接待もあります。

勝運うどん(450円)

赤い朱塗りの建物(参集殿)の奥で「勝運うどん」を食べれます。

勝運の神として太郎坊宮のうどんを食べる事で、神様の勝運の受ける事が出来ます。

寒いときに温かい食べ物は嬉しいですね!

勝運お守り

いろんな色が揃っていて、好きな色を選ぶのが楽しいです。

Sponsored Links

アクセス情報

〈電車〉
近江鉄道太郎坊宮前駅から徒歩約20分

駅を出たら山の方に進みます。鳥居を越えて直進していくと、階段があるので上ってください。

〈車〉
名神高速道路八日市ICより約10分

車でアクセスする場合は、次の情報をご利用ください。

〈太郎坊宮〉
滋賀県東近江市小脇町2247
電話:0748-23-1341

太郎坊宮お火焚大祭に参加した人の感想

 

まとめ

太郎坊宮お火焚大祭2019は、2019年12月2日(日) 午前10時〜午後4時頃まで開催されます。

約10万本の護摩木に火をつけるお火焚は迫力があり、家内安全、無病息災などのご利益があるといわれています。

おみやげもありますので、独特の雰囲気を楽しんできてくださいね。

-滋賀

Copyright© みからもち , 2019 All Rights Reserved.