漢字の雑学

にゅうめんを漢字で書くと3つ?語源は奈良県が関係していた!

さっぱりとして美味しい麺料理。夏場は特に、冷たい「そうめん」が楽しみですよね。

ところで、「温かい」そうめんも存在することをご存知でしょうか?

「にゅうめん」と呼ばれるこの料理、どうも地域によっては知らない人も多いようです。

「にゅうめん」って、漢字で書くと?その由来は?などなど、今回は、にゅうめんについて調べてみました!

Sponsored Links

にゅうめんを漢字で書くと

にゅうめんを漢字で書く場合、3つあります。

  1. 煮麺
  2. 入麺
  3. 乳麺

これらはいずれも当て字です。

「にゅうめん」という読み方は、①「煮麺」(にめん)がなまったものと考えられています。

辞書では、こんな感じで定義されています。

素麺(そうめん)を煮込んだ料理

私自身、「にゅうめん」という名称は知っていましたが、頭の中でどの漢字も思い浮かばず、ひらがなの「にゅうめん」としてインプットされていました笑

ちなみに、「温麺」と書いて「うーめん」と読む料理もありますが、これはにゅうめんとは違います。後ほど詳しくお話しますね!

Sponsored Links

にゅうめんの豆知識

ここでは、にゅうめんにまつわる豆知識をいくつかご紹介します。

  1. にゅうめんの由来
  2. にゅうめんの知名度
  3. 温麺(うーめん)との違いは?

それでは、1つずつ見ていきましょう。

にゅうめんの由来

にゅうめんの発祥の地は奈良県、時期は非常に古く、室町時代と言われています。

奈良県は手延べそうめん発祥の地としても有名ですが、にゅうめんも奈良の郷土料理と言われています。

一般に、そうめんは冷たくして食べことが多く、熱い夏の涼感メニューというイメージがあります。

ところが奈良方面では、秋ごろから、つまり暑さが和らぐ季節になると、そうめんを温かくして食べる習慣があります。
野菜やシイタケなどの具を入れて、そうめんと出汁を煮立てていただきます。

室町時代、宮中につかえていたある大納言の日記「宣胤卿記(のぶたねきょうき)」に、このような記録が残っています。

宮中で開かれた歌会の後、天皇より入麺(にゅうめん)、酒を賜る。

参考URL:煮麺ー小麦粉・地域の食文化料理

つまり、由来は宮廷料理!当時から、寒い冬のおもてなし料理だったんですね!

ちなみに、温かいそうめんを食べる習慣がある地域では、冷たくして食べるそうめんを「冷やそうめん」と呼ぶところもあるようです。

これは、そうめんの食べ方として冷・温の両方があるため、単に「そうめん」と呼んだのではどちらの料理か区別がつけられないからだそうです。

みなさんのお住いの地域はいかがですか?

にゅうめんの知名度

「にゅうめん」と聞いて、それが「温かくして食べるそうめん」であると分かる人は、全国的にあまり多くはないようです。

例えば…

生まれは関東だけど両親が関西出身で、家でにゅうめんらしきものを食べたことがある。しかし、お蕎麦屋さんなどのメニューに「にゅうめん」は定番として置いていない。

 

温かいそうめんは食べたことがあるが、それを「にゅうめん」と呼ぶことは知らなかった。給食にも出たような…。

 

温かいそうめんは食べるけど、お汁はだしではなく味噌仕立て。

などなど、色々な意見がありました。

私が住む北海道でも事情は同じです。私自身は、給食で「温そうめん」を食べた記憶があります。
ただ、献立表に「にゅうめん」と書いてあったかどうかは覚えていません。

母にもきいてみましたが、「温かいそうめん」そのものは子どものころから知っているが、それを「にゅうめん」と呼ぶとは知らなかったそうです。

全国的に、「にゅうめん」という名称そっちのけで、料理の方がよく知られている印象ですね。

 

Sponsored Links

温麺(うーめん)との違いは?

さて、にゅうめんと混同されることもある「温麺(うーめん)」。確かに、この漢字名を見ると、にゅうめんを思い浮かべるのも無理ないかもしれません。

温麺とは、宮城県白石市の特産品です。その特徴は…

温麺もそうめんの種類の1つであり、そうめんとの違いはそうめんは製造過程で油を使用しますが、温麺は油を使いません。

麺の長さも特徴的で9cm(そうめんは19cm)と短いので調理がしやすく乳幼児や高齢者のメニューに使用されることも多いようです。

そうめん同様冷たくしても温かくしてもどちらでも好まれていますがどちらかと言うと温かい汁、もしくは出汁で煮て食べることが好まれていると言われています。

参考サイト:池利HP

ということで、にゅうめんと温麺(うーめん)との違いは、2つあります。

  1. 製造過程で油を使用しているかどうか
  2. 長さ

温麺(うーめん)については、今回の調査で初めて知りました。
しかも、冷たくしても食べられているとは…名前とのギャップがおもしろいですね。

通販でお試しセットも買えるようなので、ぜひ食べてみたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「にゅうめん」について調べてみました。

にゅうめんのまとめ

  • にゅうめんの漢字は「煮麺」「入麺」「乳麺」など。いずれも当て字。
  • そうめんを具とだし汁と合わせて煮た、温かい麺料理のこと。
  • 発祥は奈良県。室町時代の宮廷料理として生まれ、郷土料理となった。
  • 「にゅうめん」という名称の知名度はあまり高くない模様。

名前は知らなかったけど食べたことがある、とか、名前も料理も知っているけど味付けが異なる、など調べていておもしろかったです(^_^)

にゅうめんと呼ばれる「温そうめん」、ラーメンともソバとも違う独特のアッサリ感がおいしくて私は好きな料理です。
ベトナムのフォーに近い印象ですが、フォーって実は現地では朝食として出されるんですよね。

味噌汁にそうめんを入れて食べる地域でも、もしかすると朝食としていただいているのかもしれません。
そのくらいさっぱりしたお味と食感なので、まだの方はぜひ作って食べてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です