生活の知恵

圧力鍋が開かない!原因は2パターンあるから冷静に対処しましょう!

2018年11月7日

パパ
圧力鍋を使っていて、一番困るのはフタが開かなくなることです。
パパ
開かなくなったら、もう力ずくで開けるしか無いのかな?

まず、フタが開かなければ、中の料理を取り出して食べることが出来ません。

食事の時間はとっくに過ぎているのにどうしよう…という事態になりますよね。

更に、フタを開けることが出来なければ、一体、その圧力鍋を、今後どうしたらいいものか、途方にくれます。

料理が入ったまま、ごみに出す?まさか、そんなわけにもいきません。

そこで今回は、圧力鍋のフタが開かない場合の対処方法について調べてみました。

参考になると思ったら、シェアして頂けると飛んで喜びますw

Sponsored Links

圧力鍋があかない時の対処方法

パパ
圧力鍋のフタが開かないパターンは、大きく分けて2つあります。

新品の圧力鍋についても番外編でご紹介します。

  1. 真空状態で開かない場合
  2. かみ合わせが悪い場合
  3. 新品の圧力鍋(番外編)

このパターンの違いによって、フタを開ける方法が変わってきます。

圧力鍋のフタが開かない!となったら、まず最初に、どちらのパターンかを見極めることが必要です。

それでは、この2パターンで、それぞれどのようにしてフタを開けるのか、手順を確認してみましょう。

真空状態で開かない場合

圧力鍋を使って加熱調理後、火を止めて放置しておいたら、フタが開かなくなってしまった場合が、このパターンです。

対処方法は2つあります。

<対処方法その1.圧力鍋を再度火にかける>

  1. 圧力鍋の中にまだ水分がたっぷり残っているかを確認する
  2. 圧力鍋を、再び火にかけて加熱する

加熱すると、圧力鍋の中で、冷却によって液体に戻っていた水分が、再びスチーム状になります。

水は、液体から蒸気に変化することで、体積が大きくなります。これにより、圧力鍋のフタが押し上げられて、開くようになります。


注意ポイント

  • 追加加熱している間、その場を長時間離れて鍋を放置しない
  • 中身が焦げてしまうことがあるので、長時間の加熱は避ける

 

圧力鍋の中の水分が少ない場合は、加熱してもフタを押し上げるのに十分な量のスチームが発生しません。

その場合は、対処方法その2を試してみてください。

<対処方法その2.他の方法で圧力鍋を再度温める>

  • 鍋ごとお湯につけて温める
  • 圧力鍋の本体部分とフタの境界に、ホットタオルをあてる

このようにすると、圧力鍋本体が温められて、中にある空気のボリュームが大きくなります。

それによって、フタを押し上げるという原理です。


注意ポイント

  • 熱湯やホットタオルでやけどをしないようにしてください

フタのかみ合わせが悪い場合

https://twitter.com/michikamenrnr/status/940538606782881792

圧力鍋のフタが開かない場合のもう一つのパターンとして、かみ合わせが悪い場合が考えられます。

この場合、基本的には、力技で対処するしかありません(^_^;

つまり、フタが開く方向に向かって力を込めて回すという方法です。

フタの回し方、フタを回すのに使う道具など、詳しい手順については、製品によって対応方法が異なります。

フタを無理に開けようとして圧力鍋を壊してしまうといけないので、メーカーの取り扱い説明書、またはFAQ等に記載のある対処手順に従うのがベストです。

例えば、パール金属株式会社のQ&Aでは、以下の通り、対応手順が説明されています。

Q. (圧力鍋の)フタが斜めに閉まり、開けられない!

A.
1.ふたが斜めにかみ合わさっておりますので、ふた取っ手に当て布をし、ふた取っ手の付け根左一辺りを小槌などで優しく叩きながら少しずつ右にずらしながら蓋を開けてください。必ず優しく叩きながら少しずつ右に動かしてください。強く叩きすぎますと破損する恐れがあります。

2.ふたが開いた後は、空の状態で取扱説明書のふたの開け方に従い、ふたの開閉がスムーズにできるか確認してください。

3.ふたの開閉に問題がない場合は、なべの中に水を2~3cmほど入れてふたを閉め、加熱しておもりの蒸気口より蒸気が排出され、正常に圧力がかかるか確認してください。問題なければ再度ご使用ください。

Q&A・よくあるご質問【圧力鍋】に関するご質問

 

ドイツのキッチンウェアブランド、WMFのFAQでは

Q. パーフェクトプロ(ウルトラ)圧力鍋のふたが開かなくなってしまいました。

A. クッキングダイヤルが動かず、ふたのスライドができなくなった場合は、本体の取っ手のネジを緩めて取っ手を外すことでロックが外れ、ふたは開きます。

ふたの取っ手と本体の取っ手が隙間なく合うかご確認頂き、上下の取っ手に隙間が見られるようなら本体取っ手が熱で変形したことが考えられます。その場合、本体の取っ手の交換が必要です。

WMF よくあるご質問

圧力鍋が壊れてもいいから、どうしても早く開けたい!というのであれば、フタの持ち手を横からハンマーで力まかせに叩くという方法もあります。

実際にこの方法を試した方も少なからずいるようです。

フタは開いたし、その後もその圧力鍋を問題なく使えているようですが、この方法だとどうしても鍋に傷がついてしまいます。

表面に傷がつくだけなら問題ないかもしれませんが、見えないところに亀裂などが入ってしまうと、その圧力鍋を使い続けるのは危険ですよね。

やはり、このような荒業はよほどの事情が無い限り、取らない方が良さそうです。

取り扱い説明書が無い場合、メーカーのお客様相談室にフリーコールで相談するのもおススメです。
フタが開かなくなった経緯を説明すれば、メーカーから、対応方法について正確に説明してもらえるでしょう。

場合によっては、メーカーで引き取って対応してもらえるかもしれません。

何よりも「安全第一」で対応するのがおすすめです(^_^)

新品の圧力鍋

番外編として、特に圧力鍋が新品の場合にありがちなケースについても見ておきましょう。

新品の圧力鍋は、製品によっては、非常にフタがかたい場合があります。

まだ使用前なのに蓋がかたくて開けられない場合は、フタを上から少し押してみましょう。

そうすることで、フタの圧力弁が上がって、圧力鍋の中に空気が入ります。これで、密閉状態が解消されて、かたいフタも開けることができます。

Sponsored Links

圧力鍋が開かなくなる理由

圧力鍋

かみ合わせの悪さ以外でフタが開かなくなる理由、一言でいえばそれは「気圧差」ということになります。

圧力鍋のフタが開かなくなる場合、次のような現象が起こっています。

  1. 圧力鍋に材料を入れ、フタをして火にかける
  2. 圧力鍋の内部の気温が上昇する
  3. 鍋の中の水分が気化し、水蒸気に変わる
  4. 圧力鍋本体とフタの境界にその水蒸気が付着して、水の膜を作る。この膜により、鍋の密閉度が高くなる
  5. 加熱を中止すると、圧力鍋の内部の温度が低下する
  6. 温度低下により、圧力鍋内部の空気のボリュームが小さくなる
  7. 圧力鍋外部の気圧に対して、内部の気圧が小さいという気圧差が生じる
  8. フタが外部の気圧に押されて、開かなくなる

原理としては、フタの外部と内部の気圧に差が生じて、外部からの圧にフタが押されるために開かなくなるというものです。

中と外の気圧差を無くせばフタが開くようになります。

参考

③の圧力鍋本体とフタの境界にその水蒸気が付着して、水の膜を作る現象を、「ウォーターシール」と呼びます。

「ウォーター(water)=水+シール(seal)=封印、密閉」で、直訳すれば、「水による密閉」ですね。

イメージとしては、圧力鍋本体とフタのすき間を、透明なセロハンテープで目張りする感じでしょうか。

鍋のフタが開かなくなる現象、圧力鍋の他には、我が家で長年使っている無水鍋でも経験したことがあります。

フタが開かなくなる原理は、圧力鍋の場合と変わらないでしょう。

我が家では、こうした場合、鍋のフタ側の取っ手と、本体側の取っ手の間に、木のしゃもじをはさみ入れて、力技で開けています。

単純な造りの鍋の場合は、こうしたやり方が一番ですが、圧力鍋は、仕組みが複雑なだけに、なかなか対応が難しいですね。

 

まとめ

パパ
今回は、圧力鍋のフタが開かない場合の対処方法について調べてみました。

まとめ

【真空状態で開かない場合】
加熱し直して、圧力鍋内部の気圧を上げ、フタが開くようにする。

  1. 圧力鍋を再度火にかける
  2. お湯につける、ホットタオルをあてがうなどして圧力鍋を再度温める

【かみ合わせが悪い場合】

  1. フタが開く方向にフタを回転させるという力技を使う
  2. 取り扱い説明書、FAQ、お客様相談室等、メーカーの指示に従うのがベスト

【新品の圧力鍋】

  1. フタを上から押して、空気を入れる

でした。

合わせて、圧力鍋のフタが開かなくなる原理についても見てみました。

調理器具は、基本的に何でも慎重に扱いたいものですが、圧力鍋となると、更なる慎重さが必要ですね。

今回は、「鍋に故障がないこと」を前提に話を進めてきましたが、その前提が間違っている場合も、当然あるわけで…。

再加熱など、比較的マイルドな方法で問題が解決するならいいのですが、そうではない場合は、やはりメーカーに相談するのがベストです。

もしかすると、製品自体に故障や不具合があり、交換すべき商品なのかも知れません。

-生活の知恵
-

Copyright© みからもち , 2019 All Rights Reserved.