野菜の知識

メロンは野菜か果物か?子供に自信をもって説明できますか?

子供の頃は果物だと思っていたものが、実は野菜の仲間だったということを知って驚いた経験はありませんか?

先日、娘に絵本を読み聞かせしているときに、ふと気づいたことがありました。

やさいの絵本にもくだものの絵本にもメロンが載っていました!もし子供にメロンは野菜と果物どっちなの?と聞かれたら、どう答えるべきなんだろう・・・

「デザートで食べるから果物なのかな?」

でも木になるものが果物で、土で育つのが野菜って聞いたことがあるし・・・じゃあメロンはやっぱり野菜なのかな?

「うーん、はっきりさせたい!」

メロンは野菜か果物か、そもそも野菜と果物ってどうやって分類されるのか、あなたは説明できますか?

徹底的に調べてみましたので、参考にしてみてください(^ー^)

 

Sponsored Links

メロンは野菜か果物か?

結論からお伝えすると、、、

メロンは、野菜と分類されます!

ただ、消費者は果物と考え、生産者は野菜と考えて問題ないようです。

でも、生産者と消費者で考え方が違うって、いったいどういうことなんでしょうか?

 

野菜と果物をどうやって区別するの?

野菜や果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません。あるものを野菜に分類するか果物に分類するかは、国によって違い、日本でも生産・流通・消費などの分野で分類の仕方が異なるものもあります。生産分野においては、一般的に次の特性をもつ植物が野菜とされています。

1.田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)

2.副食物であること

3.加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)

4.草本性であること

※引用:農林水産省HP

農作物のことなので、国がどのように考えているのかを参考にするため、まずは農林水産省の公式ホームページを調べてみると、上記の記載がありました。

農林水産省によると、野菜と果物の分類についてははっきりした定義はないと言いきっています。驚きですよね!?

だから、メロンは野菜と分類されるものの、消費者は果物と考えて、生産者は野菜と考えても問題ないんですね。

実際は、消費者・生産・学者の立場によって分類の仕方が異なるようなので、個別に野菜と果物をどのように区別するのがいいのかを見ていきます。

 

<消費者>
  • 野菜:樹に実がならないもの、種が食べられるもの、おかずとして食べられるもの
  • 果物:樹に実がなるもの、種が食べられないもの、おやつとして食べるもの

私達の認識としては、こういう区別の仕方で良いと思います(^—^)

 

続いて、生産・流通側の区別の仕方は、、、

<生産・流通>
  • 野菜:食用になる草本性の植物で、加工をせずに副食物として利用されるもの
  • 果物:おおよそ2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするもの

※草本とは木にならないもので木本は木になるものを言います。

⇒ おもに育っていく経緯によって区別しているようですね。

メロンは種を植えてからおおよそ3~4か月で収穫する草からできる植物なので、この定義に従うと野菜ということになりますね。

 

<園芸の分野・植物学>
  • 野菜:草本性のもの
  • 果物:木本性のもの

ここでもメロンは野菜ということになりますね。

メロンはキュウリやスイカと同じウリ科に分類されます。

園芸の分野では同じ種類の植物を一緒に栽培すると、害虫が増えたり栄養をとられてしまうのでタブーとされているようです。そのために育ち方などからきちんと線引きをする必要があるんですね。

 

<文部科学省の食品標準成分表>

草本性植物から収穫されるものであっても、食習慣においてデザートとして食べられるものは果物としています。

また青果市場では、野菜はご飯のおかずとして食べるもの、果物はおやつやデザートとして食べるものと区別しているようです。

参考:文部科学省HP

 

 

Sponsored Links

メロンの他に野菜と果物を間違いやすいもの

デザートとして食べるので果物と間違いやすいのは、いちごスイカです!

この2つは、先ほどの定義にあてはめると野菜に分類されます。また、サラダとして食べることが多いアボカドは木からできますので果物ということになります。

ただ実際、メロン・いちご・スイカは果物として扱われるので、「果実的野菜」と分類されるようです。

果実的野菜ってなんだろ?と思ったので、次のところでお伝えしたいと思います(^^)

 

果実的野菜とは?

果実的野菜に分類されるものは、

生産側では野菜に分類されるものの、お店に並ぶときや私たちの食卓では果物として扱われるものは野菜のことを言います。

消費者である私たちからすると、メロンが野菜であると言われると違和感を抱いてしまいますよね。お見舞い用のメロンを買おうとして行くのは果物屋さんですし、学校の給食にもメロンはデザートとして出てきますもんね。

うまくネーミングされてますね〜(^o^)

 

おいしいメロンの見分け方

ここまで野菜か果物か考えてきましたが、実際に食べるときはやっぱり果物として食べたいですよね。

そのままでもいいですしフルーツポンチにしても美味しいメロンですが、甘くておいしいメロンはどのようにして見分ければいいか知っていますか?

注目するポイントをまとめてみました!!

  • かたち  ⇒ 左右対称で変形していないもの
  • 色    ⇒ 均等に色づいている
  • 皮    ⇒ 網目がまんべんなく入っていて盛り上がっている
  • 茎(へた)⇒ 太くて短い
  • 重さ   ⇒ ずっしりと重いもの

 

絵で描くようなメロンを想像して、選ぶのがおいしいメロンを選ぶコツのようですね!値段の高いメロンは、総じてメロンの網目模様が均一に入っていますので、じっかり観察するのもアリです!

買ってきたメロンは、日の当たらない風通しのよいところに保存し、食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れるとおいしく食べることができます♪

甘くみずみずしい香りがして、メロンを軽くつかむと柔らかい感触がする頃が食べごろですので、甘くて実が詰まったおいしいメロンを選んでください(^o^)

Sponsored Links

プリンスメロンは、網目がない場合の美味しいメロンの見分け方をご覧ください。

 

まとめ

メロンは野菜なのか果物なのかは、結局は立場によってとらえ方がちがってくることがわかりました。

  • 野菜:樹に実がならないもの、種が食べられるもの、おかずとして食べられるもの
  • 果物:樹に実がなるもの、種が食べられないもの、おやつとして食べるもの

私達の認識は、こんな感じで捉えていて大丈夫だと思います(^ー^)

では、子供にはどう教えたらいいのでしょうか?

私は子供が小さいうちは「メロンは果物だよ」と教えていこうと思います(^^)

ごはんと一緒に食べるのが野菜で、食後のデザートが果物だよ。というほうが言葉を覚えたての子供にはきっと理解しやすいですよね。

成長して自分で図鑑などの本を読み、調べるということができるようになったときに、「あのね、実はメロンは野菜のなかまなんだよ」とこっそり教えてあげようと思います。

メロンを野菜にカテゴリー分けするためにはメロンの育て方や品種を知る必要があります。

学びのヒントになりますよね。

今回いろいろな観点からメロンのことを考えることができました。メロンが野菜か果物かという問題は、私たちに知らないことを教えてくれるきっかけになりましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です